OANDA FXトレーディング – ブローカー

外国為替ブローカーのレビュー

Oanda FX Japan

OANDA FXトレーディング – ブローカー

OANDA FXトレーディング – ブローカー
Rate this post
  1. オアンダと規制

オアンダは、規制やコンプライアンスといった側面を重要視しています。現に、税務当局や、会計事務所、金融機関などの大手企業に対して為替データを公式に提供していることからも、その信頼性の高さがわかります。法人別に規制を見てみると、OANDA Corporationは、米国先物取引委員会(CFTC)に登録済みの小売外国為替ディーラー(RFED)です。全米先物協会(NFA、番号 0325821)における外国為替ディーラーメンバー(FDM)でもあります。一方で、OANDA (カナダ) Corporation ULCは、カナダの投資業規制機構(IIROC)によって規制を受けています。

  1. オアンダの取引プラットフォーム

オアンダと言えば、それが提供する圧倒的なパフォーマンスと知名度を誇る取引プラットフォーム「OANDA fx Trade」でしょう。約定スピードは98%であり、時間にすると、実に0.057秒以下となります。FX取引において約定の速度は非常に重要です。ユーザとFX取引業者の間には、リクエストの処理時間やズレが介在するのが常。これに時間がかかっていると、注文を出した時の数字が、実際にFX取引業者に届く際にズレてしまうことがあります。そのような問題を極力避けるべく、OANDA fx Tradeは処理速度の高速化に余念がありません。日本のトレーダーに対して、出来るだけ素早い約定時間を確保するために、ニューヨークに置かれているサーバーの一部を東京に移動し、伝送距離の短縮が図られています。加えて、通貨ペアの組み合わせの大さもポイントです。71ペアに達し、幅広い需要を満たしています。

  1. 口座の種類について

オアンダには複数の口座バリエーションが用意されています。これ自体は、全く珍しいことではありませんが、一歩その先へ進んで注目すべきは、それぞれの口座が存在することの明確な意義です。時に、単純に階層により口座が分けてあることもありますが、オアンダは違います。まずMT4を利用しての自動売買を行うのか、それとも、fxTradeを利用するかで、2つに分かれます。普通に自らの判断で取引を行う場合には、ベーシックコースの利用が推奨されています。その後、操作に慣れ、取引量も変化した頃にプロへと移行するのがいいでしょう。

  1. カスタマーサポート

オアンダのカスタマーサポートは、初心者にもわかりやすい丁寧なものです。事実、多くの質問はお問い合わせをすることなく、よくある質問のセクションから解消できます。質問とその回答は「システム統合」、「口座開設」、「入出金」といったように項目ごとに整理されているため、簡単に必要な情報を見つけることができます。

  1. 取引情報の充実

オアンダは、正確な情報やデータのシームレスな提供を重要視しています。現に、ディーラーを介さずに、トレーダーに向けて価格配信を行っています。これに加えて、自作アルゴリズムを利用してレートを配信することで、公平公正な数値の瞬時提供も可能にしています。

No Comments

Add your comment