2019年のFX業界の動向 – 仮想通貨との関係性とは?

外国為替ブローカーのレビュー

forex jp

2019年のFX業界の動向 – 仮想通貨との関係性とは?

2019年のFX業界の動向 – 仮想通貨との関係性とは?
5 (100%) 1 vote

2019年はどんな年になるでしょうか?一つ言えることは、2019年は必ずFXにとって大事な年になる、そして変化の年になるということです。一度、広い視野で考えてみましょう。2018年に世間を賑わせたのは何でしたか?

 

2018年からのトレンドはズバリ仮想通貨でした。もちろん2017年あたりから一般大衆への広まりが目覚ましいものですが、2018年には特にテレビやニュースで毎日のように仮想通貨が話題に上がりました。これは否定のしようがない事実です。一般向けのテレビの特集で紹介されるような仮想通貨の「今」は結局のところ、もう過去の話です。これは当然のことかもしれませんが、現場での開発やローンチが次々と繰り返されて、その後、時間をかけて一般の人々にもサービスが浸透するようになります。そのような意味で、本当のトレンドを知るには現場の最先端を知る必要があります。

 

でも、なぜ、ここで仮想通貨の話題を取り上げたのでしょうか?答えは簡単です。これがFXと密接に関わっているからです。FXと仮想通貨は、今後より一層、ペアのような存在になっていくことでしょう。今後、仮想通貨なしでFXは語れない時代が来るかも知れません。それでは、その詳細をご紹介したいと思います。

 

仮想通貨とFXとの関係

 

仮想通貨とはそもそも何でしょうか?一番シンプルな説明をするとすれば、非分散型のブロックチェーンに基づいた仮想空間にあるお金でしょうか。仮想通貨を語る上でこのブロックチェーンというキーワードは欠かせません。ブロックチェーンは事実上、恣意的に改変することができないデータの連なり(だからこそチェーンというイメージ)です。膨大な数のパソコンにチェーンの一つ一つの塊のようにデータが保存されているので、事実上、それを全て書き換えることは(一つだけ書き換える場合でも、その変化に気づくことができる)不可能だとされています。

 

もちろん、「ブロックチェーンが100%何があっても大丈夫」と言い切ることはできず、セキュリティの進化は今後も続いていくでしょうが、現在では最もセキュアなデータ格納方法の一つとして考えられています。このブロックチェーンや仮想通貨とFXは非常に相性がいいもので、お互いが組み合わされる例が増えてきています。例えば、FXプラットフォームがあり、そこで使用される通貨として独自の仮想通貨が構築される(マイニングが許可される場合も、単純に運営者側で鋳造される場合もあります)パターンです。

 

仮想通貨(いわゆるトークン)は、資金調達の手段としても高い人気を集めており、これをFXプラットフォームやより包括的なエコシステムの資金調達のために使う例も多く見られます。このように、仮想通貨、ブロックチェーン、トークンは全てFXとの相性がとってもいい技術なのです。むしろ、このような傾向が見られるのは自然すぎる流れだとも言うことができます。

 

進化を続けるFXの世界

 

以上のようなトレンドを踏まえた上で、何を考えるべきでしょうか?FXトレーダーに求められる素質とは?まずは仮想通貨やトークンを含んだエコシステム(つまり経済圏)の全体像が理解できるように挑戦してみることをお勧めします。仮想通貨やトークンなどに苦手意識がある人は、大まかな情報からで構いません。

 

FXの世界はこれまで以上に複雑になります。どのトークンを使用して取引ができるのか(トークン経済全体としてビジネスモデルを構築する事業者においては、特定のトークンだけをトレードに受け入れている例も広く見られます)、どのトークンを法定通貨に交換できるのか(当然、トークンのまま保有することもできますが、それぞれのトークンにより用途が限られることがあります)、また、それを交換できる場所(対応する取引所はどこ?)はどのなのか…といったことまで考える必要が生じます。適当にトレードだけをやっていては、利益が上がらない世界になるでしょう。もちろんFXの中心は物価を読み世界の動向を分析することです。しかし、これに限らず、FXを取り巻く経済圏(つまり、トークン経済です)までも理解する力が試されるのです。

 

このような仮想通貨系のサービスとのパッケージ化はこれからどんどん進んでいくことでしょう。オペレーター側からしてもより大きな層を囲い込むことができ、資金調達の手段まで(ICOなど)も統合されているので、かなり美味しい選択肢です。2019年以降のFXでの成功を考えている人は、是非とも視野をもう少しだけ広げてトークン経済全体でどのように収益をプラスにするのかという思考回路を持つようにしてみてください。具体的には、海外の新規サービスに注目してみることをお勧めします。

 

仮想通貨やFXの話をなると、国ごとの違いはかなり大きなものです。その理由は規制です。仮想通貨は特に新しい概念なので、各国政府の規制の準備が追いついていません。シンガポール、キプロス、ベラルーシなどはこれに比較的早い段階で対処し、柔軟性の高い方針を採用しています。FXや仮想通貨、トークンが組み合わさったビジネスモデルに出来るだけ多く触れるのであれば、まずは色々な国の事例を観察してみることをお勧めします。トークン経済の多くが、早めに参加した人(先に投資をしたインベスター)が得をするようなモデルを採用しているので、あまり有名でない案件に注目してみるのも悪くありません。

 

No Comments

Add your comment